FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子検査キットで、自身のダイエット法がわかる!?【独女通信】

2009年01月17日 04:28

独女通信より】

女性にとって、いつまでも美しくありたいという気持は普遍のもの。しかし、年齢とともに均整の取れた体系を維持するのは至難の業。かくいう筆者もスポーツクラブに通ってみたり、健康にいいといわれるサプリメントをためしたり、体系維持のためダイエット法の数々を試みたことがあった。一時的には成果をあげるが油断をするとまた元通りという結果になったということはありませんか? そこで、ちょっと変わった観点からダイエットに挑戦してみようと思い”肥満遺伝子”というものを調べてみることに。
今回取り寄せた「ダイエット対策」キットは、自宅で手軽に肥満遺伝子を調べることができるというもの。

アイテムとしては

1.遺伝子検査・採取方法説明書
2.生活習慣チェックリスト
3.回答用紙(マークシート)
4.遺伝子検査申込同意書
5.DNAを採取する棒(カルポーター)
6.ID番号シール
7.返信用封筒
8.宅急便伝票(着払)など全部で8種類。

自身の日々の生活に関するアンケートをマークシートに記入し、カルポーター(採取棒)で口中の頬の裏のDNAをこすり付けるように採取。3~8番目を返送するというシステムだ。遺伝子検査を医療機関で調べるとなると相当な費用と日数がかかるはず。しかし、今回のキットは価格が5,250円と安く、2週間程で自身の肥満遺伝子についてのデータとそれに関するアドバイスが「DHCパーソナル・カルテ」として送られてくる。

DHCの広報の糸井さんにこのキットについてうかがった。

「このキットは2008年6月から販売していて、検査を受けた方は全体で約16,000人。女性が90%、男性が10%と圧倒的に女性の方が試されています。日本人の多くに変異があるとされるりんご型、洋なし型、バナナ型の3種類を検査するのですが、3つのうちのどの遺伝子に変異があるかを調べることで、太り方の違いや太る原因を予測することができるんですよ」

私の結果は「洋なし型」と判明。そこまでだと雑誌で紹介されている結果と変わらないが、自身の3つの遺伝子の割合や脂質の代謝をサポートする成分も分かるようになっていた。そして、結果をふまえてパーソナル・カルテが作成され食事の傾向、食品・食材の選び方、調理法、外食の選び方、おすすめサプリメントなどのアドバイスがイラスト形式で解説。自身の肥満遺伝子が分かり今までのダイエット方法が間違っていたことがよく分かった。ダイエットに励む独女の皆さん興味があれば試してみるものいいかも。

このほか「メタボ対策」キットも発売しているようで、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の判定基準である、高血圧と脂質異常症(高脂血症)に関わる2種類の遺伝子を検査。遺伝子を調べることで、高血圧や脂質異常症になるリスクが遺伝的に高いのか低いのかがわかるそうだ。メタボに悩む男性にはこちらもおすすめ。(オフィスエムツー/富永衣理)

■関連リンク
・DHC

独女通信より】


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://visionial.blog25.fc2.com/tb.php/1122-122f7074
    この記事へのトラックバック


          

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。