FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「乳がん」抑制するタンパク質確認…乳腺以外にも存在

2009年02月17日 00:33

【ZAKZAKより】

 筑波大先端学際領域研究センターの柳沢純教授らのグループは「CHIP」と呼ばれるタンパク質が乳がんの増殖と転移を抑制していることを突き止めた。

 CHIPはユビキチンリガーゼと呼ばれる酵素の仲間。これまで特定のタンパク質の分解を促進する機能は知られていた。

 グループは、患者の乳がん組織の中でCHIPが少ないほど、がんが悪化していることを確認。さらに、ヒトの乳がん細胞内のCHIPの量を増減させてマウスに移植する実験では、CHIPの量を減少させた乳がん細胞は大きな腫瘍を形成して盛んに転移するが、CHIPの量を増やした乳がん細胞は腫瘍の形成も転移も大幅に抑制されることを突き止めた。

 CHIPは乳腺以外の場所にも存在することから、ほかのがんでも増殖や転移を抑える働きがある可能性が考えられるという。

 柳沢教授は「このタンパク質の量を増やしたり活性化させたりする技術を開発すれば、乳がんの転移を防ぐ新しい治療薬の開発につながる」と期待している。

【ZAKZAKより】



うちの母親も乳癌で既に量胸を切除しており、転移する恐怖と戦っている(ハズ
聞いた話では、癌の転移を防ぐための抗生物質は、女性ホルモンを抑えるとか何とか。
ようは、大小なりとも副作用があるという事。

今回の研究が更に進み、副作用が無く抑える事ができるようになるのであれば
全世界で苦しんでいる人達の希望の光になる事だろう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://visionial.blog25.fc2.com/tb.php/1329-37e41790
    この記事へのトラックバック


          

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。