スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無添くら寿司 千葉長沼店

2016年01月06日 02:41

大阪に住んでた頃、近くにくら寿司があり
数回食べに行ったことが有るのだが、そこから数年ぶりのくら寿司訪店。
【2013/2訪問】

以前とは別の友人が、くら寿司を食べた事が無いというので(意外に食べたことがない人間が多い?)
折角だから、近くの回転すしを回って味比べをしてみようと言う話になり
まず向かったのが、もう二度とこないだろうと思っていたくら寿司へ。


今回は味比べなので、どの店にも有るであろうネタで、その中でも好きなサーモン系のネタをチョイス。

コチラの店舗では「とろサーモン」を食べたのだが
まず、改めて驚いたのだが、yle="font-size:x-large;">シャリが物ごっつい固い!!

どう固いかと言うと、箸で摘んだシャリを上下に振ってもネタが剥がれるどころか
シャリ自体も全く崩れないほどの強度をほこっているほど・・・。

寿司ロボットでシャリを押し固めた上に、アルバイトがネタを乗せるだけの単純な仕事
こんなので美味いはずがない。

前回と同じで、今回連れてきた友人も美味くないと言ってたのだが
そこそこお客さんが入っているのを見ると
なぜ繁盛しているのかが、不思議でならない。

前回と同じ、1皿で引き上げました。



【2009/11訪問】

大阪で食べた時の記憶は、比較的美味しかった記憶があり
友人と晩御飯を食べに行く際、「回転寿司で旨いところ無いか?」と聞かれたので
その記憶をで、くら寿司を薦め食べに行くことに。

注文方法が独特なのか、他の回転寿司チェーン店以上に操作に手こずる
(と言うか、品数が多い分、お目当てのところまで進むのが面倒!)

焼き(あぶり)サーモンにハマっており、もちろんくら寿司でも食べようと思ったら
くら寿司では取り扱ってないらしい(調べたら、期間限定商品の様子)

仕方ないので、びんとろを注文(友人は忘れたw)
一口食べて違和感が・・・
注文したにも関わらず、ご飯が思った以上にパサついているし
肝心のびんとろも、今しがた解凍しましたよ~と言うシャーベット感が・・・

それは友人も同じようなことを思ったようで、「口直しに、別の回転寿司に行こう」と言う事になり
普段20皿ぐらい食べるような2人が
自分は2皿、友人は(くら寿司初と言う事もあり)4皿ぐらい食べ店を後にした。

此の店だけなのか、くら寿司全体の質が落ちたのか分からないが
自腹で食べに行くことは2度と無いだろう。(驕りなら行きますよw)←奢りでも行きません


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://visionial.blog25.fc2.com/tb.php/4818-c3c30329
    この記事へのトラックバック


          

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。