FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士スピードウェイを堪能 第二回ママチャリ・グランプリ

2008年11月22日 05:50

【Excite Bit コネタより】

ママチャリ限定であの富士スピードウエイを全力疾走するイベントが再び開催される。その名も『スーパーママチャリ・グランプリ』。
この話を聞いたときは、本当かぁ? と疑いましたが、そんなイベントについて詳しく実行委員会の藤井さんにお話を聞いてみましたよ。
「富士スピードウエイをふだん利用する人は、レースに出る人とライセンスを持った人しかいないんですよ。だからもっとお遊び的なことで、ごく一般的な人にもスピードウエイを楽しんでもらいたいという趣旨ではじまったんです」と、藤井さん。富士スピードウエイでの開催は今回で二度目だそうですが、いままでもこっそり小規模でやっていたのだそうです。

初回の昨年は想像以上の反響だったので、今回は参加者を一挙に2倍に増やしての開催になるそう。とにかく、サーキットは楽しいところというのを見せたいという意気込みで、ふつうは入れない特殊施設を全て開放! F1のVIPルームも、あの憧れのF1ピットも開放されます。そのほか場内で、いつもは禁止されているバーベキューなどもOKだそうです。

レース参加者は、女性と男性の割り合いは半々ですが、ちなみに昨年の優勝チームは35歳のメンバーを中心としたサラリーマンチーム。やっぱり体力の勝負なんですかねぇ……。
主に年代は30~40代が中心ですが、エントリーは6歳からなので家族みんなで楽しめます!(伴走してくれる親御さんがいれば参加OK)

今年はすでに締め切っていますが、当日の持ち物には美人レースクィーン(2名以上を推奨/プロ・アマ問わず)が必要だとか。

え? 本当にレースクィーンを連れて来ないとレースに出場出来ないのでしょうか?
という質問にも、藤井さんは「いわゆる自称レースクィーンOKです(にっこり)。とにかくお祭り的ノリで楽しんでもらえれば!」と明るく答えてくれました。
ただし、ママチャリ・グランプリは参加者の理解が大切で、基本的ルールとかマナー、スポーツである以上、一定のモラルを守れる人だけが参加資格があるそうなので、この点ご注意を。盛りだくさんの決勝開催日は、新年2009年の1月10日です。

実は今回、いろいろお話ししてくれた担当の藤井さんも元レーサー。
「サーキットを走ったことのあるレーサーとかライダーってシャケみたいなんですよ。みんなふるさとに戻ってくるってかんじで。いい思い出があるとそこにまた帰ってくる。辞めても最初の思い出の場所に戻ってくる、だからみんなに楽しんでもらいたいんです」

なるほど、シャケですか。
今度からF1ドライバーがシャケに見えちゃいそうな気がしてきましたよ……。
(カシハラ@姐御)

【Excite Bit コネタより】



全長4.563kmを自転車で何週走るんだろうか?w
しかも、最大高低差は35mもあるのに・・・w
まぁ、なによりもこの手のイベント楽しんだ者勝ちだし
機会があれば出てみたいなw


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://visionial.blog25.fc2.com/tb.php/567-f4714b1e
    この記事へのトラックバック


          

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。