FC2ブログ

最高時速約200キロの電動バイク「TTX01」がイギリス・NECバイクショーで発表

2008年11月29日 03:32

GIGAZINEより】

本日から開催されている英国NECバイクショーで、最高時速201.16キロメートルを出す電動バイク「TTX01」が発表されました。大変意欲的なスペックになっています。

詳細は以下。
125mph electric bike unveiled at international show in Birmingham | Technology | The Guardian

The UKP20,000 86 BHP, 2WD, 125 mph Electric road legal motorcycle

TTX01は来年6月にマン島TTレースと並行して行われる、ゼロエミッション車のみのバイクレース、TTxGPに参戦することを目標につくられた電動バイク。スズキ・GSX750のフレームと足回りを流用したシャーシに搭載されたAgniAgni Lynch Electric motors社製のモーター2基が87馬力(ps)のパワーを絞り出し、最高速度201.16キロメートルで走行することが可能。スタートから時速100キロメートルまでかかる時間が3.5秒でこれは600ccのレーサーと同等です。

バイクに限らず電動の乗り物は、バッテリーの持続距離に注目が集まります。現在搭載されている14kWhのバッテリーで計算上は約56km。マン島TTレースのコースは1周約60kmなので少し足りないのですが、次のバージョンの20kWhのバッテリーでは約80kmを目指すそうです。

ちなみに安全性の観点からは「音がほとんどしない」のが問題で「わざと音を出させることも可能だが効率が悪い。(このような静かなEVが広まるにつれて)新しい交通安全教育が必要になってくるだろう」と、開発を指揮したAzhar Hussainはコメントしています。

これをベースとして二輪駆動、軽量なカーボンフレームにホットスワップ可能なバッテリー、回生ブレーキを搭載したTTX02を2010年に50台生産、293万円で販売するのが目標だそうです。

写真でTTX01の各部を見てみましょう。

ヤマハのEC-02(生産中止)やBrammo社のEnertiaなど、いわゆるコミューターが多かった電動バイクですが、TTX01の登場で本格的な「バイク」の時代が来るのかもしれません。

GIGAZINEより】



前に電動バイクの動画を張ったのとはまったく違うものだが
ついに、スポーツタイプの市販ベース車両が出てくる。

車両代金は流石に高いが、生産が確保され、需要と供給が回りだせば
価格は落ちてくるので、もう5年もしないうちに手が出る価格まで下がるのではないだろうか。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://visionial.blog25.fc2.com/tb.php/660-f1231182
    この記事へのトラックバック