FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロ波ミサイルや「停電爆弾」:敵国の電子機器を使用不能にする「電子戦」

2008年12月11日 03:13

【WIRED VISIONよし】

ローテクの過激派でさえ、最近は多少の機器を使いこなしている――1、2台の携帯電話でしかないかもしれないが。米空軍が、敵の電子回路を瞬時に焼き切ってしまう新しいマイクロ波ミサイルを製造したいと考えているのもそのためだ。
4000万ドルの費用を計上している3年計画の『対電子機器高出力マイクロ波(HPM)先進ミサイル・プロジェクト』(Counter-Electronics High Power Microwave Advanced Missile Project: CHAMP)とは、提案要求によると、「電子システムの劣化や損傷、破壊をもたらす能力を備えた技術を実証するための、多発式多目標HPM空中プラットフォームの開発、テスト、実証」を目的としているという。攻撃対象は、「軍用、工業用、民生用、および軍事力の非均衡をもたらす」機器となっている。

プロジェクトの最終目標は以下の通りだ。「5基の航空機搭載用装置の開発。HPM源のない空中プラットフォーム1基で、運搬、制御性、連携を実証する飛行テストを行なう。残り4基の空中プラットフォームにはHPM源を組み込み、飛行テストと実証、HPMの効果のテストを行なう」

米軍はこのほかにも、電子機器を攻撃対象とする、より高性能なマイクロ波兵器の開発に向けた取り組みを数多く進めている。

米空軍は、こうした兵器の開発を目的とした予算7500万ドルの研究プロジェクトのために、今年1月に500万ドルの契約を2件結んだ

また、航空兵装軍団(Air Armament Command)は、「対電子機器ペイロード」の製造に独自に取り組んでいる。[また、リンクされている記事によると、米Raytheon社は、「電子的なバリア」を使って空港をミサイルなどの攻撃から守るシステム『Vigilant Eagle』を開発している]

さらに海軍は最近、「最新鋭の『電磁パルス(EMP)パルサー』」に700万ドル以上をつぎ込んでいる。

だが、以前述べたように、こうした「電磁波爆弾」にはさまざまな問題が付きまとっている。その1つは、マイクロ波による味方への誤爆だ。また、『Aviation Week』の記事によれば、「費用、サイズ、ビーム制御、発電など、解決不可能にも思える条件」がいくつもあるという。

[過去記事「電力インフラを攻撃する兵器、台湾が開発へ?」によると、米軍は化学処理したカーボンファイバーを電力施設の上空で無数にばらまいて攻撃するための「グラファイト爆弾」(停電爆弾)を1999年のコソボ紛争などで利用したとされる。また、韓国や台湾も同種の兵器の開発に取り組んでいるという。

イスラエルによるシリア空爆において、イスラエルは電子戦用システムを使用して、シリアが配備している最新鋭のロシア製防空レーダー網を妨害したという説を紹介している過去記事は「こちら」。また、敵国の衛星を電子的に妨害するシステムについて紹介した過去記事は「こちら」]

【WIRED VISIONよし】



そんな金があるんなら、経済立て直しに使った方が有意義な気がするのは気のせいか?w
しかし日本に向けて打たら、一発でアウトだな・・・


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://visionial.blog25.fc2.com/tb.php/834-5275838b
    この記事へのトラックバック


          

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。