FC2ブログ

婦人科疾患の手術法をアニメで解説

2008年12月12日 01:02

【医療・介護情報CBニュースより】

 出産の高齢化やストレスなどで子宮筋腫や子宮内膜症などの病気を発症する女性が増えているといわれる中、婦人科疾患に関する情報サイト「婦人科info」では、おなかを大きく切らずに治療する「腹腔鏡手術」などの手術法をアニメーションで解説している。
 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカルカンパニー(東京都千代田区、デイビッド・W・パウエル社長)は12月10日、婦人科疾患に関する情報サイト「婦人科info」を開設した。

 同社によると、成人女性の4人に1人が、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科疾患を発症しており、月経困難症で日常生活に支障を来したり、妊娠や出産に影響を及ぼしたりする場合もあるという。
 このため同社では、「疾患や治療法について正しい情報を伝えることにより、症状に苦しみ、悩んでいる多くの女性の生活をサポートしたい」としている。

 婦人科疾患の治療についてサイトでは、「近年の医療の進歩により、従来の開腹手術や経膣的に行う手術に加え、腹腔鏡を使って手術する方法があります」と紹介。
 「腹腔鏡手術は、おなかを大きく切らずに手術する方法で、回復までの時間や入院期間は短く、傷も小さく、痛みの少ない手術です」とした上で、開腹手術と腹腔鏡手術とを対比しながらアニメーションで解説している。

 このほか、サイトでは質問形式で簡単に行える「セルフチェック」のコーナーを用意。腹腔鏡手術などの治療を受けられる「日本産科婦人科内視鏡学会の技術認定医」のリストを掲載したほか、疾患の症状や検査法なども詳しく解説している。
 同サイトの監修は、星合昊(ほしあい・ひろし)氏(近畿大医学部産科婦人科学教室教授)。

 詳しくは、同サイトで。

【医療・介護情報CBニュースより】



出産を控えている方や、出産を考えている方は一度ご覧になってみては。
安易な冷やかしを防ぐためにも、あえてリンクは張っておりません(原文のまま)ので
ご理解ください。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://visionial.blog25.fc2.com/tb.php/846-6138eab2
    この記事へのトラックバック